Stone天然石の活用方法

パワーストーンって何?

パワーストーンとは、特別な力が宿った石。
人を癒したり、願いを叶えたり、悪い影響から守ってくれたりする、お守りのような石です。

パワーストーンはどうやって、使うの?

願い事として、使用する場合は、パワーストーンブレスレットとして、身につけて持ち歩いてください。毎朝又は、就寝前に、ブレスレットに願いを唱えて下さい。入浴時や就寝時は、基本的にはブレスレットを外し、とわの石の浄化用サザレの上又は、清らかなところに置いて保管してください。
また、家の浄化、ブレスレットを持ち歩けない方は、丸玉を家に置く方法もありますので、とわの石で、ご相談ください。
お問い合わせはこちらから

どちらに手につけるか迷った場合

ご自身が、違和感のない手につけて頂くのがいいですが、選択に迷った場合は、目的に合わせ、つける方の手を選択して下さい。
  • 左手にする場合

    左手は、石の癒しのパワーを吸収しやすいことから、愛されたいとき知識を吸収したいとき開運や運気を高めたい時や、宇宙からのメッセージを受けたい時は左手にするといいでしょう。
    基本的には願望・目的を達成するためには、左手にしてください。
    さらに、守護やお守りとしてする場合も左手につけてください。
  • 右手にする場合

    右手はエネルギーやパワーを放出しやすいことから、行動的になりたい時、自己主張したいとき、恋をゲットしたいときや、能力を発揮したいとき試験や勝負やギャンブル運や商談・交渉等で力を発揮したいときは、右手につけてください。
    また、悪縁や悪因縁や障害打破をしたいときも右手にけることをお勧めいたします。

傷がついたり、割れた時

持ち主の災厄の身代りになり傷がついたり、欠けたり、割れたりすることがあると言われていますが。石の性質上、硬度が低く、傷がつきやすい石もたくさんあります。
少々のかけや傷ではパワーに影響はありませんが、本当に身代りになってくれた場合もあるので、とわの石へお問い合わせください。確認させて頂きます。修理、念入れは、何度でも無料ですので、お気軽にお問合わせください。
お問い合わせはこちらから

目的や願意が達成した場合

目的や願いが叶った場合・・・
今まで助けてもらった感謝をいい
自然(土)に返してあげてください。

土に返す時には、感謝の気持ちを忘れないようにすることが重要です。

パワーストーンのパワーは、持続するの?

残念ながら、パワーストーンのパワーは不滅ではないです。パワーは持続しないです。
石の種類によって、硬さが違ったり、水に弱かったりなど、長く使用していくと自然と劣化、ひび割れと消耗によって変化する状態と、願いを叶えるために石が頑張りすぎて石が劣化していくことがあります。
どちらの状態かよくわからない方は、とわの石にお問合わせください。
お問い合わせはこちらから

また、パワーストーンが傷ついて割れた場合は、良くないことが起こるのではなく、身代わりになってくれ、災難がひとつなくなったと思ってください。

パワーストーンの選び方

見た瞬間に、何か気になる。惹かれる。
石を選んでいく過程で、たくさんの石を気にしながら、
自分を見つめなおしたり、自分にとって必要かを考えたり、
行動をおこすことのほうが重要です。

石を選びながら、石とともに成長できることを願っています。